スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

策士策に溺れる(-_-)

9月20日、太鼓メンバー 渉君の結婚式がホテルミラコスタにて執り行われました!
あんなファンタジーな式は初めてでした!
後日また報告したいと思います。
ホテル

そして私は当日挨拶を頼まれておりまして・・・
策士として策に溺れた訳ではありませんが、風習を語ろうとして風習にやられましたヽ( ̄д ̄;)ノ
のし
内容はこののし紙!ホテルのスタッフにも確認しました!
【通常の結婚式用ののしが巻いてあります。】
良し!と思い私が用意したのしは荷物と共にクロークへ。
そしていざ披露宴会場に着席!引き出物チェック^_^
『あれ?のしが無い(-_-)』
そうなんです・・・東京は内のしといいまして包装紙の下に熨斗を巻くのです!
北関東は外のしと言って包装紙の上に熨斗を巻きます^_^
『やってしまった(-_-)』持参した熨斗はクローク・・・
挨拶は来賓なのですぐだし、その場で包装紙を剥ぐなどという失礼は出来ません(T_T)
結果・・・はしょりました。風習を語ろうとして風習にやられました!
内容としては《水引という線の部分を数えると10本あります。通常祝いの席で偶数は用いない。10本というのは偶数ではなく5本の奇数2つが合わさって一つという意味で夫婦は2人で一つという意味です。結びも蝶結びではなくほどけにくい結びきりと言って固く結ばれるという意味です。今も昔も夫婦に対する思いは変わりません。》
と語る予定でしたよ!!!
眼鏡をマイクにぶつけるし(-_-)
でも頑張ったからよしとしましょう( ̄^ ̄)ゞ
お二人とも御幸せに(^o^)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かわうら

Author:かわうら
箕輪城太鼓のブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。